2012年05月22日

鳴子温泉、観光名所

今回は菜の花フェスティバルが開催された所でもある鳴子温泉地域を訪れた。鳴子・東鳴子・川渡(かわたび)・中山平・鬼首(おにこうべ)の五つの町に分かれ、宿泊施設は優に50か所を超える。
鳴子温泉はこけしが日本で最初に生産された地域で、日本こけし館さんや岩下こけし資料館さんではこけしの展示のほかに、職人の方がその場でこけしを作る実演コーナーが設けられていたり、絵付けが体験でき自分だけのオリジナルのこけしが作れたりする。
館内には即売所もあり、お土産品として購入する人が多い。
また、日本こけし館さんのすぐ近くには松尾芭蕉が「奥の細道」で通過したとされる尿前(しとまえ)の関もあるので合わせて見たい。
鳴子には初めて日本人技術者のみの力で完成させたアーチ式ダムがあり、ダムによって形成された湖水(荒雄湖)も有名な観光名所となっている。ダムを間近で見られるように遊歩道があり、また近くには荒雄湖畔公園があるので存分に景色を満喫できる。特に紅葉の季節は絶景であり、多くの観光客が訪れる。
鳴子ダム、荒雄湖畔公園と車道を進んでいくと鬼首に到着する。オニコウベスキー場で有名だが、今回はかんけつ泉「弁天」を紹介したい。地下20メートルの空洞に溜まった地下水がマグマにより熱せられ、一部が水蒸気となりその圧力で残りの熱湯が地上から約20メートルの高さまで吹き出すのだ。側にはお食事処、足湯、露天風呂があり、食事や湯に浸かりながら「弁天」を楽しめる。
まだたくさんの名所があるのだが、また次回紹介していきたい。
新緑、紅葉、雪景色など四季折々で違った表情を見せてくれる鳴子温泉は本当に美しく、そして訪れた人を心から歓迎してくれる地域の方々の笑顔も温かい。より多くの人に鳴子温泉の素晴らしさを伝えたいと感じた取材であった。

hp_kokesi2.jpg

hp_kokesi1.jpg

naruko02.jpg

naruko03.jpg





posted by EGASOSAKI at 09:31| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

多賀城市立東豊中学校「2学年農村体験学習」

5月16日から3日間、東豊中学校の2年生総勢72名が農村体験学習のため大崎市田尻を訪れている。農村体験学習をしながら、グリーン・ツーリズムも体験する予定である。
グリーン・ツーリズムとは、農山漁村地域において自然や文化、そしてそこで暮らす人々との交流を楽しみ、目で見るだけではなく自分自身で実際に田植えや畑仕事などを体験して自然の素晴らしさを感じる活動である。
これから民泊する生徒たちの表情は期待に満ち溢れていて、お世話になる民泊農家の方々と初顔合わせをした時には皆元気にあいさつを交わしていた。
午後には早速田植え体験を行った。最初は足を田んぼに取られたりと初めての体験に苦戦していたが、慣れてくると各々率先して田植えを楽しんでいた。また、休憩中にお菓子や果物をご馳走になり喜んでいる生徒もいた。
2日目には田植えの他に「食の手作り体験」と題し、そば打ち・米粉ピザ作りの体験を予定しており、とにかく生徒たちには初めての経験ばかりとなっている。
この3日間で生徒たちはいろいろな事を感じ、また考えるであろう。
田尻という自然がたくさんある素晴らしい場所でグリーン・ツーリズムを目いっぱい楽しんでもらい、そして、この経験を生かし自然の大切さや素晴らしさを学んでもらいたいと私は感じた。

nousonntaikenn1.jpg

nousonntaikenn2.jpg

nousonntaikenn3.jpg

posted by EGASOSAKI at 17:56| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

鳴子温泉、菜の花フェスティバル

古川ICから鳴子温泉方面にまっすぐ向かうと川渡大橋が見えてくる。川渡大橋すぐそばの川渡河川敷公園にて4月28日「2012・復興へ頑張ろう!みやぎ・菜の花フェスティバルinおおさき鳴子温泉」が開催された。当日は快晴にも恵まれ、たくさんの人が菜の花や催し物を見に訪れていた。
特設ステージでは陸上自衛隊東北方面音楽隊による演奏や、鳴子〇(温泉マーク)ネットワークこけし囃子保存会によるこけし囃子、南三陸町の有志による鹿(しし)踊りなどたくさんの出演者が会場を盛り上げた。こけし囃子や鹿踊りでは手拍子をする人、一緒になって踊る人もおり会場一体となってステージを楽しんでいた。
また出展も豊富で、鳴子消防署による消防はしご車の試乗や、バイオマス啓発コーナー、バイオ燃料ゴーカート、子供向けの遊具も多数配置されていた。
出店も多く、地場産品をはじめたくさんの味が楽しめた。
川渡大橋を挟んで反対側には、まるで太陽の光のような菜の花が辺り一面に咲き誇っており、希望を与えてくれるような景色が広がっていた。訪れた人は復興に向けて強いエネルギーを得ることができたのではないだろうか。
一人一人の復興に対する気持ちの再確認と意識を強めることができた菜の花フェスティバルは大成功に終わった。もちろん来年も開催する予定なので、ぜひ足を運んでもらいたい。

菜の花フェス1.jpg菜の花

菜の花フェス2.jpg消防はしご車の試乗

菜の花フェス3.jpg自衛隊音楽隊の演奏




posted by EGASOSAKI at 14:14| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。