2012年05月16日

多賀城市立東豊中学校「2学年農村体験学習」

5月16日から3日間、東豊中学校の2年生総勢72名が農村体験学習のため大崎市田尻を訪れている。農村体験学習をしながら、グリーン・ツーリズムも体験する予定である。
グリーン・ツーリズムとは、農山漁村地域において自然や文化、そしてそこで暮らす人々との交流を楽しみ、目で見るだけではなく自分自身で実際に田植えや畑仕事などを体験して自然の素晴らしさを感じる活動である。
これから民泊する生徒たちの表情は期待に満ち溢れていて、お世話になる民泊農家の方々と初顔合わせをした時には皆元気にあいさつを交わしていた。
午後には早速田植え体験を行った。最初は足を田んぼに取られたりと初めての体験に苦戦していたが、慣れてくると各々率先して田植えを楽しんでいた。また、休憩中にお菓子や果物をご馳走になり喜んでいる生徒もいた。
2日目には田植えの他に「食の手作り体験」と題し、そば打ち・米粉ピザ作りの体験を予定しており、とにかく生徒たちには初めての経験ばかりとなっている。
この3日間で生徒たちはいろいろな事を感じ、また考えるであろう。
田尻という自然がたくさんある素晴らしい場所でグリーン・ツーリズムを目いっぱい楽しんでもらい、そして、この経験を生かし自然の大切さや素晴らしさを学んでもらいたいと私は感じた。

nousonntaikenn1.jpg

nousonntaikenn2.jpg

nousonntaikenn3.jpg

posted by EGASOSAKI at 17:56| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。