2012年09月13日

岩出山地域 「政宗公まつり」 開催

9月8日、9日にかけて毎年恒例となる政宗公まつりが大崎市岩出山で開催されました。政宗公まつりは、岩出山城にある政宗公像が仙台城から寄贈されたのを機会に始まり、今年で49回目を迎えます。メインイベントとなる「伊達武者行列」では、岩出山伊達家16代目の宗尚氏がつとめる政宗公の騎馬武者をはじめ、甲冑を身にまとった家臣団や、愛姫さま、支倉常長顕彰会、古川の大名行列、まつり協賛会による裃侍などが岩出山の目抜き通りを練り歩きました。行列には地元の幼稚園や小中学校の生徒や、岩出山高等学校の生徒なども参加しています。騎馬武者隊は公募で選ばれた一般の市民が扮しており、自らの馬上の甲冑姿に興奮していました。またJR東日本の小さな旅ツアーで参加した人や、手作りの自前の甲冑やコスプレをして行列に参加する人も多くいました。近年の歴史ブームで「歴女」と呼ばれる女性の観光客も多く見られ、竹工芸館で販売されたオリジナルポスターには大勢の女性客が行列をつくっていました。

masamune_blog3.jpg

masamune_blog2.jpg

masamune_blog01.jpg

posted by EGASOSAKI at 10:49| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

全国こけし祭り・鳴子漆器展・鳴子温泉神社祭典を開催

8月31日(金)〜9月2日(日)にかけて、鳴子小学校体育館などを会場に「全国こけし祭り」が開催された。8月31日にこけし供養祭が開催され、翌日の9月1日(土)の10時から鳴子小学校体育館にて「全国こけし祭り・鳴子漆器展」の開会式が執り行われた。
 鳴子小学校体育館に入ると、2メートルもある大きなこけしが出迎えてくれた。体育館では展示をするだけでなく実演や販売、こけし祭りの歴史に関するコーナーもあった。特に実演のコーナーは人気があり、職人の技を生で堪能できた。制作をしている時は見ているこちら側も息をのむほどで、こけしに表情を付けるというようなミスのできない細かい作業などは特に集中していた。
 9月1日の夕方18時30分から開始されたパレードも盛り上がった。はりぼてこけしやお神輿が駅前商店街を練り歩き、お祭り会場となったゆめぐり広場では特設ステージが設けられた。ステージではこけし囃子や下駄タップによさこいなどが披露され、お酒好きにはたまらない「鳴子の風早飲み大会」も開かれた。
 また、9月1〜2日の同日に開催された鳴子温泉神社祭典も盛り上がりを見せた。1日目の前夜祭神事を皮切りに献湯式パレードがはじまり、9月2日には神輿渡卸や獅子舞、そして「全奥羽招待高校相撲鳴子大会」「鳴子温泉神社奉納剣道大会」が開催された。温泉神社の敷地内には土俵が設置されており、選手たちは熱さに負けることなく全力を出し切っていた。個人・チーム戦が行われ、3連勝や5連勝といった快進撃もあり会場に拍手が巻き起こっていた。
 全国こけし祭りは今年で58回目の開催となり、鳴子を代表するお祭りと言っても過言ではない。全国こけし祭りに参加ができなかった方も、「日本こけし館」や商店街には実演をしているお店もあるので、こけしの素晴らしさを味わってもらいたい。

また、来週の9月8日〜9日には岩出山地域にて政宗公まつりも開催されるので、こちらも訪れてみてはいかがだろうか。naruko_maturi01.jpg

naruko_maturi02.jpg

naruko_maturi03.jpg

naruko_maturi04.jpg








posted by EGASOSAKI at 17:23| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。