2012年10月09日

古川地域 羽黒山公園の彼岸花が見頃です

古川市街から国道4号線を北に進むと見えてきます。羽黒山公園は小高い丘になっており、丘の上からは彼岸花と一緒に古川地域の景色も楽しめます。羽黒山公園は、春は桜の名所、そして秋には彼岸花が咲き誇ることで有名です。
彼岸花は別名で「曼珠沙華」とも呼ばれ、仏教の経典から由来しています。経典では曼珠沙華は“天上の花”という意味を持ち、慶事が起こる前触れに赤い花が天から降ってくると記されているそうです。
 羽黒山公園に彼岸花が群生し名前が知られ始めたのは平成10年の頃です。昭和51年頃から地元有志の方々が環境設備を10年以上も続けた結果、自生して咲き誇るまでになったのです。
 彼岸花の見頃は9月下旬から10月上旬という短い期間ですが、今週末は満開の彼岸花が見られると思います。また、羽黒山公園近くにはラムサール条約湿地の化女沼や、各種遊具が充実し子供たちが楽しめ、バーベキューや芋煮会などもできる「化女沼・古代の里」があります。どちらもピクニックや散歩、気分転換をするには最適の場所なので一度訪れてみてはいかがでしょうか。

※写真は彼岸花と古代の里です。
※「古代の里」でかまど、コンロなど火器使用の際は事前に許可が必要です。
建設課 0229−23−8015higanbana_blog01.jpg

higanbana_blog02.jpg

higanbana_blog03.jpg

kodainosato_blog01.jpg

kodainosato_blog02.jpg



posted by EGASOSAKI at 15:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。